インドがマ産CPOの調達再開、価格低下で

インドのパーム油製油業者が、1カ月近く不買を続けていたマレーシア産パーム原油(CPO)の調達を再開している。1トン当たりのマレーシア産CPO価格が、14日時点でインドネシア産を5米ドル(約543円)下回っていることなどが背景にある。ロイター通信が同日、インドのパーム…

関連国・地域: マレーシアインド
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(22:24)

ブルネイの出入国税、導入は10月に延期(19:34)

テイクオフ:在宅勤務で仕事場と化し…(08/04)

隣国往来、7日隔離で二の足 マレーシア人は費用負担にも不安(08/04)

RM1=25.0円、$1=4.22RM(3日)(08/04)

パナ、マレーシアの太陽電池工場の売却中止(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン