水素燃料の路線バス、深センで来年運行

広東省深セン市で初の水素で走る燃料電池車(FCV)タイプの路線バスが、2020年上半期(1~6月)にも運行を始める見通しだ。関係者が南方都市報に対し明らかにした。最初の運行路線と第1号の水素充塡(じゅうてん)ステーションはともに、深セン市から広東省汕尾市に産業シフ…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 自動車・二輪車運輸


その他記事

すべての文頭を開く

肺炎影響で繊維産業が苦境 大量失業、貿易に影響懸念(02/26)

ナムグム1、浮体式の太陽光発電設備設置へ(02/26)

(表)世界の新型肺炎感染者数(25日正午) 韓国の感染893人、中国に次ぐ感染国に(02/26)

中韓襲う肺炎、投資でも壁に サムスンのスマホ供給に懸念の声(02/26)

肺炎の隔離基準を明確化 3段階にリスク分類、中央政府(02/26)

27日の景気刺激策発表は延期 政権空白、低迷長期化のリスク(02/26)

中国人観光客3割減、新型肺炎で(02/26)

新型肺炎が海運業界にも打撃 市況悪化、コンテナ取扱量5割減(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

建設業界、既に5万人が失業 組合推計、資材調達難で工事停止(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン