• 印刷する

優品360°、デモ隊の「報復」で72店被害

香港の輸入食品小売りチェーン「優品360°」を運営する優品360控股(ベストマート360ホールディングス)は12日に声明を出し、一連の抗議活動で11日までに72店舗が損壊被害を受けたと明らかにした。優品360°の店舗が破壊活動の標的になった理由とされる、中国本土系の集団との関係も「事実ではない」と否定し、「当社は創業以来、香港に対して申し訳が立たないことは行っていない」と釈明した。13日付信報などが伝えた。

優品360°は10月以降、抗議活動のたびに攻撃の対象となっており、破壊や放火などの被害の累計回数は182回に上ったと説明した。同社の店舗数は3月末時点で89店あり、全店舗の8割が被害を受けたことになる。

同社に対しては、経営幹部が中国福建省系の暴力集団と関連があるなどとするうわさがネット上などで拡散した。香港島・北角(ノースポイント)でデモ隊に暴行を働いたのがこの集団だったとの情報が伝わったことで、同社も「報復」の対象になった形だ。

同社は12日の声明で暴行事件への関与を重ねて否定。「当社幹部が裏社会とつながっているというのは事実ではなく、福建人とのつながりを取り沙汰すのもやめて欲しい」と呼び掛けた。


関連国・地域: 香港
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:テレビCMでも、スーパ…(12/13)

すき家、香港1号店を開業 コスト吸収し「庶民路線」で攻勢(12/13)

常陽銀が海外初イベント、香港で食の商談会(12/13)

大湾区の急成長企業、深センが最多=調査(12/13)

キャセイ、輸出貨物処理費を2割引き下げ(12/13)

香港航空に操縦士の救済申し出、キャセイ(12/13)

富通保険、来年末までに代理人500人増員(12/13)

続伸、米金利政策を好感=香港株式(12/13)

20年の住宅供給は1.9万戸、賃料下落傾向か(12/13)

住宅価格の下落予測、56%に大幅拡大=調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン