• 印刷する

サムスンバイオ社長「今年は初の営業黒字」

韓国サムスングループでバイオ後続品(バイオシミラー)を開発するサムスンバイオエピスは今年、2012年の創業以来で初の営業黒字を計上する見通しだ。同社のコ・ハンスン社長が12日に開催された記者懇談会で明らかにした。

同社は欧州で販売している4種の自己免疫疾患治療剤が好調で、販売契約を結んでいる米メルクと米バイオジェンの販売分を合わせると、今年の売上高は1兆ウォン(約940億円)を突破する見通しだ。

コ社長は、バイオ製薬大手の米ギリアド・サイエンシズなど海外の大手バイオ製薬企業でも1兆ウォン達成には創業から20年を要した点を強調しながら、自社の急成長ぶりをアピールした。同社の短期間の急成長の背景には、韓国屈指の財閥グループを後ろ盾とする資金力が大きい。

今後はブラジルや中国など新興国市場の開拓にも力を入れる。

「今年の黒字転換は確実」と話すサムスンバイオエピスのコ社長=12日、ソウル(NNA撮影)

「今年の黒字転換は確実」と話すサムスンバイオエピスのコ社長=12日、ソウル(NNA撮影)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ソクラテス兄さん、教…(10/21)

中国に続け、武蔵塗料の戦略 工業製品多彩に、韓国系を開拓(10/21)

SKがインテルNAND買収 世界2位浮上、SSD事業を強化(10/21)

新型コロナ感染者数、58人増加(10/21)

医薬部外品マスクの輸出制限、23日に解除へ(10/21)

9月の輸出7.6%増、7カ月ぶりプラス(10/21)

サムスンが初の5位、世界ブランド価値ランク(10/21)

9月のICT輸出12%増、4カ月連続プラス(10/21)

韓国の5G通信速度、半年で大幅に向上(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン