• 印刷する

サムスンバイオ社長「今年は初の営業黒字」

韓国サムスングループでバイオ後続品(バイオシミラー)を開発するサムスンバイオエピスは今年、2012年の創業以来で初の営業黒字を計上する見通しだ。同社のコ・ハンスン社長が12日に開催された記者懇談会で明らかにした。

同社は欧州で販売している4種の自己免疫疾患治療剤が好調で、販売契約を結んでいる米メルクと米バイオジェンの販売分を合わせると、今年の売上高は1兆ウォン(約940億円)を突破する見通しだ。

コ社長は、バイオ製薬大手の米ギリアド・サイエンシズなど海外の大手バイオ製薬企業でも1兆ウォン達成には創業から20年を要した点を強調しながら、自社の急成長ぶりをアピールした。同社の短期間の急成長の背景には、韓国屈指の財閥グループを後ろ盾とする資金力が大きい。

今後はブラジルや中国など新興国市場の開拓にも力を入れる。

「今年の黒字転換は確実」と話すサムスンバイオエピスのコ社長=12日、ソウル(NNA撮影)

「今年の黒字転換は確実」と話すサムスンバイオエピスのコ社長=12日、ソウル(NNA撮影)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画館に子どもの泣き声…(12/16)

半導体大手が中国事業を拡大 サムスン、80億米ドルの追加投資(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/16)

サムスン電機、高密度回路基板から撤退へ(12/16)

就業者数、高齢者は増加も30~40代は減少(12/16)

サムスン、低価格エアコン市場に再参入(12/16)

11月輸入物価指数、前年同月比で2.1%下落(12/16)

地場企業、サムスンとスマート住宅で提携(12/16)

アシアナ売却、錦湖とHDCが事実上妥結(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン