• 印刷する

SCGとマヒドン大、共同でポリマー開発

タイの素材最大手サイアム・セメント(SCG)は11日、タイ国立マヒドン大学と共同で同大理学部の化学棟に特殊ポリマーを開発する「SCG―MUSCイノベーション・リサーチ・センター」を設置したと発表した。プラスチックのリサイクル能力向上を目指す。

プラスチックの再生と再利用を容易にする触媒を使った特殊ポリマーを開発し、持続可能性の高いプラスチック・パッケージの世界需要に応える。単一素材のパッケージの開発などを想定している。マヒドン大理学部のシティワット学部長は、今回の官学連携事業がタイの研究分野にとって大きな一歩になると期待を示した。

SCGの化学事業のタナウォン社長によると、2018年には同部門の売上高の1.1%に相当する24億バーツ(約86億円)を研究開発に投じた。化学事業の売上高全体に占める高付加価値製品(HVA)の割合は53%。特許数は前年比40%増の1,200件となった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 化学社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(13:01)

テイクオフ:タイの夜の産業が7月か…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

下着大手がネット販売に活路 店舗2カ月閉鎖で、マスク製造も(07/02)

コメ輸出規制が緩和、新型コロナ小康状態で(07/02)

入国後隔離は認定施設で、出張者対応も検討(07/02)

政府、特定国の商用客受け入れへ基準作り(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン