• 印刷する

テイクオフ:まるでニンニクの英才教…

まるでニンニクの英才教育だ。華人系のママ友が教えてくれた離乳食に「ニンニクと玉ねぎとカボチャのピューレ」という、かわいい赤ちゃんの口が臭くなりそうなレシピがあった。日本では、刺激の強い香味野菜は1歳過ぎから、と指導されるが……。

華人系の伝統では、産じょく期の食事は、体を温めるとされるニンニクとショウガのオンパレード。さらに、お乳の出が良くなるといってドリアンを食べるママも多い。よく「食べ物でお乳の味が変わる」というが、当地の赤ちゃんは生まれた時から、ニンニクとドリアンの香り漂うお乳で育っているから耐性があるのだろうか。

このほか、「ドラゴンフルーツのピューレ」というものがあった。汚い話だが、果肉が紫色のドラゴンフルーツを食べると、お通じまで紫色になる。おむつ替えでぎょっとしてしまいそうだ。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2QのGDPは17.1%減、11年ぶりマイナス(08/15)

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

RM1=25.5円、$1=4.19RM(13日)(08/14)

「しゃぶ葉」1号店オープン(08/14)

不動産ティティジャヤ、医療関連事業参入へ(08/14)

当局への報告なき解雇が増加、法的措置も(08/14)

2Qの労働需要、前期比2.1%減の838.3万人(08/14)

コロナ対策2法案提出、契約不履行免責など(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン