• 印刷する

空港で日本の化粧品販売、アイスタイル

アイスタイルはチャンギ空港内に日本の化粧品を販売するコーナーを開業した(同社提供)

アイスタイルはチャンギ空港内に日本の化粧品を販売するコーナーを開業した(同社提供)

化粧品の口コミサイト「アットコスメ」を運営するアイスタイル(東京都港区)は、シンガポールのチャンギ空港内の免税店に日本の化粧品を販売するコーナーを開業した。海外の免税店で同様のコーナーを設置するのは、韓国に続き2カ国目となる。

子会社のアイスタイルトレーディング(東京都港区)を通じて、チャンギ空港第3ターミナルの一般エリアにある新羅免税店内に「@cosme(アットコスメ)Jビューティーパーク」を9日にオープンした。売り場面積は50平方メートルで、取扱商品数は187SKU(在庫管理の最小単位)だ。

アイスタイルの広報担当者によると、新コーナーでは日本のアットコスメで人気の商品を中心に販売する。◇アヴァンセ(東京都港区)のまつ毛用薬用育毛料「ラッシュセラムEX」◇ハウスオブローゼ(同区)のボディスクラブ「ボディスムーザーN」◇太陽のアロエ社(成和インターナショナル、東京都町田市)の「ヒアルロン酸うるおい高密封マスク」――などの商品を取り扱う。

シンガポール事業は現在、空港への出店だけだが、将来的には電子商取引(EC)やアプリ、実店舗の出店なども検討する。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

EC潜在力ランク3位、アジアでは首位(19:05)

MRT新路線2駅の建設、中国企業が受注(18:53)

今年のM&A活発、大型案件は減少(18:53)

テイクオフ:シンガポールでは、都市…(12/09)

次世代産業創出や経済変革狙う 政府、先端製造業の振興注力で(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

情報漏えいで罰金、買い物オネストビーなど(12/09)

中小企業支援計画の第2弾、18社が参加(12/09)

インサー、地場社とECで提携(12/09)

宝飾販売SKが合成ダイヤ参入、需要拡大で(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン