国家安全条例の制定求める=中国、香港巡り

【広州共同】中国国務院(政府)香港マカオ事務弁公室の張暁明主任は9日、国家分裂行為などを禁じる国家安全条例の制定が香港政府にとって「差し迫った任務」だと指摘した。同条例の早期制定を求める中国政府の姿勢を示す狙いだ。 同条例を巡っては、香港政府が2003年に制定を目…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

香港の小中学校など、20日に授業再開(20:31)

テイクオフ:「北京大の父」蔡元培氏…(11/19)

警察、覆面禁止法の執行停止 高裁の「違憲」判断受け(11/19)

警察、理工大に突入=実弾使用警告も(11/19)

中小企業の経営環境、世界5位に(11/19)

香港警官包囲へデモ隊集結、情勢緊迫(11/19)

香港の小中学校など、19日も休校(11/19)

区議選予定変更のリスク高まる、政府高官(11/19)

8~10月の失業率3.1%、2年ぶり高さ(11/19)

10月小売売上高、最大の減少幅に=財政長官(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン