• 印刷する

複合ケッペル、ベトナムのスポーツ地区着工

ケッペルがベトナム・ホーチミンで開発するサイゴン・スポーツ・シティーのイメージ図(同社提供)

ケッペルがベトナム・ホーチミンで開発するサイゴン・スポーツ・シティーのイメージ図(同社提供)

シンガポール政府系コングロマリット(複合企業)ケッペル・コーポレーションは8日、ベトナム・ホーチミン市で、スポーツ施設を中心とした地区開発事業「サイゴン・スポーツ・シティー」に着工したと発表した。総工費5億米ドル(約550億円)とされる大型開発事業だ。

ホーチミン市の2区にある敷地面積64ヘクタールの用地に開発する。スポーツスタジアム、娯楽・ライフスタイルをテーマにした商業施設、4,300戸の高級住宅、緑地スペースなどから成る。モビリティーや環境面も整備し、環境に優しいスマート地区とする計画だ。

ケッペルのロー・チンフア最高経営責任者(CEO)は8日に実施した起工式で、「われわれはベトナムの成長に過去30年にわたり携わってきた。サイゴン・スポーツ・シティーの開発は、ホーチミン市との関係を新たなステージへ進める第1歩になる」と述べた。


関連国・地域: ベトナムシンガポール
関連業種: 電機食品・飲料建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

小売店の大半、営業中止 不採算店では撤退の動きも(20:49)

最多142人感染、邦人女性も(8日)(22:56)

新規感染106人、計1481人(7日)(21:55)

新型コロナ暫定措置法可決、人の集まりも禁止(21:58)

外国人の給与、一時減額可能に=人材開発省(21:55)

金融庁、銀行の資本・流動性規制を一時緩和(21:55)

持ち帰り用包装資材、感染対策強化で需要増(21:55)

早急な食料増産を支援、新型コロナ受け(21:55)

政府指定施設での隔離、全入国者が対象に(21:55)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン