化学・合繊大手全社が減益、米中貿易摩擦が影響

【共同】化学・合繊大手6社の2019年9月中間連結決算が7日、出そろった。米中貿易摩擦や自動車業界向け製品の低迷を背景に、純利益は6社全社が前年同期比で減益となり、20年3月期連結業績の純利益予想を相次いで下方修正した。 売上高は旭化成のみが増収を確保。堅調な住宅と…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

イオン、東南ア初の業態導入 地域ごとの店舗設計で需要に対応(11/22)

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(11/22)

「国産化」リスクの声高まる 国際貿易のメリット生かせず(11/22)

日系とウイング、融資管理システム共同開発(11/22)

テイクオフ:江戸時代に前野良沢や杉…(11/22)

技術者1万人雇用で事業強化 テクノプロ、高まる人材需要に対応(11/22)

松尾製菓、20年に工場稼働へ 日本向けに「チロルチョコ」生産(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

TRXで21年下期に「西武」開業、そごうKL(11/22)

新資格の宿泊、ミャンマー試験合格率は36%(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン