化学・合繊大手全社が減益、米中貿易摩擦が影響

【共同】化学・合繊大手6社の2019年9月中間連結決算が7日、出そろった。米中貿易摩擦や自動車業界向け製品の低迷を背景に、純利益は6社全社が前年同期比で減益となり、20年3月期連結業績の純利益予想を相次いで下方修正した。 売上高は旭化成のみが増収を確保。堅調な住宅と…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

日産とスズキも工場を休止、6日から(04/04)

企業の半数近くが採用抑制 日系求人も減少、業績悪化で(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

テイクオフ:薬局やスーパーの棚でマ…(04/03)

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン