年末から電力不足危機、政府は対策に本腰

カンボジアで、年末から乾期が終わるまで電力が不足する危険性が高まっている。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。 フン・セン首相は7日に行われた「2019~23年国家開発戦略計画(NSDP)」の公式発表の会場で、メコン川水系の記録的な水位低下により、水力発電で国内の…

関連国・地域: 中国カンボジアラオス欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日タイ企業は周辺国で連携を 調達・販売で補完関係=専門家(11/19)

バイオ燃料製造で資金調達、ソニー銀が支援(11/19)

シアヌークビルの道路34本、改修に3億ドル(11/19)

コッコン州の新空港、21年にも開業見通し(11/19)

Bグリム、カンボジア太陽光発電に参入(11/19)

財閥ロイヤル、IT企業とAIなどで提携(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

ウイング、送金新サービスで米大手と提携(11/19)

再生エネのマッタン、国内外シェア拡大狙う(11/19)

家具の商億、カンボジアに新工場建設(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン