年末から電力不足危機、政府は対策に本腰

カンボジアで、年末から乾期が終わるまで電力が不足する危険性が高まっている。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。 フン・セン首相は7日に行われた「2019~23年国家開発戦略計画(NSDP)」の公式発表の会場で、メコン川水系の記録的な水位低下により、水力発電で国内の…

関連国・地域: 中国カンボジアラオス欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

2週間の隔離義務づけ、全ての入国者対象(04/09)

累計感染者117人、63人が回復(04/09)

縫製協会、会員6割が新型コロナの影響(04/09)

コンド価格が下落傾向、新型コロナが影響(04/09)

閉店義務ない飲食店に、当局立ち入り圧力(04/09)

非常事態宣言の発令、可能性低い=首相(04/08)

クメール正月の祝日延期に、コロナ対策で(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン