• 印刷する

首相が露と会談、EAEUとFTA締結前進

フン・セン首相(左)とロシアのメドベージェフ首相が、タイで開催されたASEAN首脳会議に合わせて会談した(フン・セン首相のフェイスブックより)

フン・セン首相(左)とロシアのメドベージェフ首相が、タイで開催されたASEAN首脳会議に合わせて会談した(フン・セン首相のフェイスブックより)

カンボジアのフン・セン首相は3日、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議のために訪問したタイで、ロシアのメドベージェフ首相と会談し、ロシアなどが加盟するユーラシア経済連合(EAEU)との自由貿易協定(FTA)について協議を行った。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

フン・セン首相は自身のフェイスブックで「メドベージェフ首相は、EAEUとカンボジアが近い将来にFTAを結ぶことを期待すると発言した」と述べた。

EAEUの加盟国はロシア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスの5カ国で、国内総生産(GDP)の合計は約5兆米ドル(約545兆円)。カンボジア政府は2016年にEAEUと貿易強化に関する覚書を締結し、18年には「将来的なFTAを交渉する枠組み」について合意している。

ASEAN加盟国で、EAEUとのFTAが発効したのは現在ベトナムだけだが、10月1日にはシンガポールとEAEUの交渉が成立。ロシア国営タス通信によると、カンボジアのほかブルネイ、インドネシア、タイ、フィリピンもEAEUとのFTA締結に関心を示している。

フン・セン首相とメドベージェフ首相は、ロシアに対するカンボジアの1980年代からの債務約15億米ドルの一部を、開発援助と見なすことでも合意した。


関連国・地域: カンボジアロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

観光ビザを自動延長、1月1日以降入国で(17:35)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

感染者110人に、首相は給料寄付も(04/03)

燃料価格引き下げ、08年以来の低水準に(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

精米輸出を停止へ、コロナ対策で食料備蓄(04/03)

新法相が就任、司法改革に全力と抱負(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン