【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(9月) 5カ国で伸び鈍化、フィリピンは3年4カ月ぶり低水準

東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国の9月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は、横ばいだったシンガポールを除く5カ国全てで8月から減速した。食品やエネルギーなど政府の政策の影響を受けやすい項目を除いたコアインフレ率は、インドネシアとベトナムで横ばいとなっ…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外国人雇用で意見対立、与野党が選挙討論(17:58)

6月の製造業PMI、5カ月連続で50未満(18:03)

5月の小売売上高、営業禁止で下げ幅最大(18:01)

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(18:00)

欧州の生命科学系VC、アジア拠点を開設(18:00)

5月の外国人入国者、99.9%減の880人(18:01)

国内ホテル、「ステイケーション」可能に(18:33)

日本航空、成田路線の運航再開(18:24)

映画館の営業、13日から再開(18:04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン