• 印刷する

ダウェー特区、数年内に全国送電網に接続

ミャンマー政府は、南部タニンダーリ管区のダウェー経済特区(SEZ)を3年以内に全国送電網(ナショナル・グリッド)に接続する構想を描いている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が4日伝えた。

電力・エネルギー省のソー・ミン事務次官は「全国送電網が2021~22年までに、東部モン州モーラミャインからタニンダーリ管区のイェ郡区とダウェー郡区まで延長されれば、ダウェー特区にも電力が供給される」と説明。ダウェーSEZ管理委員会のミン・サン副委員長は、「アジア開発銀行(ADB)の融資を利用して、最大30万キロワット(kW)の電力をダウェーSEZに供給する」と話した。ダウェーを含むタニンダーリ管区全体は現在、全国送電網に接続していない。

ダウェー特区(総面積196平方キロメートル)の開発は前政権時代にミャンマーとタイの政府間で合意したが、インフラの未整備や開発地の社会・環境問題などで遅延している。

両国は先月、ダウェー地区への電力供給や同地区とタイ国境を結ぶ道路整備などを促進し、ダウェー特区開発を加速させることで合意。ダウェー深海港の開発についても、ミャンマー政府とタイのゼネコン大手イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)が締結した契約に従って実施することを確認した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染なし、累計313人のまま=6日朝(18:32)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

特別入国の邦人20人、施設隔離が終了(07/06)

新たな感染9人、累計313人=5日朝(07/06)

家庭用電気料金、6月末まで一部無料化継続(07/06)

欧州6カ国、今年の債務返済を猶予(07/06)

香港系の発電所2カ所、売電契約を締結(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン