• 印刷する

ジャワ外工業団地18カ所、外国投資2割増へ

インドネシアのアグス・グミワン産業相は、ジャワ島外の工業団地18カ所に対する海外直接投資(FDI)が2割増えるとの見通しを明らかにした。政府が先に打ち出した、研究開発(R&D)の実施企業に対して法人所得税を減免するなどの税制優遇措置が後押しすると期待している。5日付インベストール・デーリーが伝えた。

工業団地18カ所は、既に稼働または年内に稼働を予定している。政府は先に、これら18カ所の工業団地に、総額250兆ルピア(約1兆9,370億円)の投資を誘致する目標を設定、90万人の雇用創出を目指している。

インドネシア投資調整庁(BKPM)によると、1~9月のFDI実現額は、米ドルベースで211億8,800万米ドル(約2兆3,000億円)。うちジャワ島は122億1,400万米ドルで、ジャワ島外は89億7,400万米ドルだった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アパートの決まりごとが…(11/13)

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

三菱自、新MPV世界初披露 エクスパンダーの上位モデル投入(11/13)

住商系SCSK、今月正式開業へ(11/13)

投資のポジティブリスト策定、来年から実施(11/13)

日本大使が投資庁長官を表敬訪問(11/13)

チリウン川の自動ごみろ過装置、予算案承認(11/13)

ニッケル鉱石の一時輸出停止、9社を解除(11/13)

インドネシア社、リコジ16の保有率18%に(11/13)

調整相、製油所改修でサウジと協力解消も(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン