• 印刷する

ジャワ外工業団地18カ所、外国投資2割増へ

インドネシアのアグス・グミワン産業相は、ジャワ島外の工業団地18カ所に対する海外直接投資(FDI)が2割増えるとの見通しを明らかにした。政府が先に打ち出した、研究開発(R&D)の実施企業に対して法人所得税を減免するなどの税制優遇措置が後押しすると期待している。5日付インベストール・デーリーが伝えた。

工業団地18カ所は、既に稼働または年内に稼働を予定している。政府は先に、これら18カ所の工業団地に、総額250兆ルピア(約1兆9,370億円)の投資を誘致する目標を設定、90万人の雇用創出を目指している。

インドネシア投資調整庁(BKPM)によると、1~9月のFDI実現額は、米ドルベースで211億8,800万米ドル(約2兆3,000億円)。うちジャワ島は122億1,400万米ドルで、ジャワ島外は89億7,400万米ドルだった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アリババ、21年に3カ所目のデータセンター(21:29)

900兆ルピアの国債を追加発行=コロナ対策(21:09)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:効果があやしい新型コロ…(07/06)

ユニリーバ、工場従業員がコロナで陽性反応(07/06)

首都のPSBB違反、罰金4.3億ルピア徴収(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン