セントラル、海外開発3件に720億円投資へ

タイの流通大手セントラル・グループは4日、オーストリア、日本、イタリアでの商業施設やホテルの開発に総額200億バーツ(約720億円)を投じると発表した。バーツ高を追い風に、海外投資を加速し、海外売上高比率の拡大を目指す。 オーストリアでは、同国のシグナ・グループと合弁…

関連国・地域: タイ日本欧州
関連業種: 食品・飲料建設・不動産小売り・卸売りサービス観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「この店にジャケットは…(12/12)

【変わるタイとの越境物流】悪路克服へ進むインフラ整備 「片荷」解消、製造業発展がカギ(12/12)

発電決算、15社中9社が減益 3Qは為替差損や水不足が影響(12/12)

西部ガス、来年にタイ事務所を開設へ(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

住宅購入代金の払い戻し策、登録受付開始(12/12)

車フィルムのハイクール、越で首位目指す(12/12)

物流ダーベル、系列外の新規顧客3社獲得(12/12)

共通乗車券の欧米規格対応、入札を検討(12/12)

南部メルギーで給水事業、7600万ドル規模(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン