• 印刷する

味全ドラゴンズ、新竹市にホームスタジアム

台湾食品グループの頂新国際集団の魏応充董事長は4日、頂新が保有する台湾プロ野球の新球団「味全龍(味全ドラゴンズ)」の本拠地の一つを新竹市にすると明らかにした。同市で2021年に完工予定の新球場「新竹市立棒球場」をホームスタジアムとする計画。4日付経済日報などが伝えた。

魏董事長は同日、林智堅・新竹市長と面会。新竹市立棒球場のOT(運営、譲渡)方式での運営管理先について、味全ドラゴンズが最優先申請者となったことを明らかにした。

新竹市立棒球場は新竹市立中正棒球場の跡地に設け、21年9月に完成する見通し。球場の建て替えは、中央政府の大規模インフラ投資計画「前瞻基礎建設計画(前瞻計画、前瞻=展望の意)」の一環で、総工費は8億7,000万台湾元(約31億円)。1万人を収容する規模となる。

魏董事長は「ハイテク技術を駆使したこれまでにない球場にする」との考えを示した。新竹市政府教育処の黄錦能処長によると、新竹市立棒球場は新竹市の中心部に位置することから、高い集客力を見込めるという。

味全ドラゴンズは21年春のシーズンから1軍の試合に参戦する予定。新竹市立棒球場の完工は秋になるため、台北市の天母棒球場や高雄市の澄清湖棒球場についても、それぞれの市政府に運営権取得を申請している。

味全ドラゴンズには、プロ野球ソフトバンクや米大リーグで活躍した川崎宗則氏が所属している。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

聯発とインテル、5G対応PC開発で提携(13:05)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

義隆が聚積の増資引き受け、LEDで協業(08/07)

エイサー、2Q純益は前年同期比3倍(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

中華電信とHTC、VRサービスで提携(08/07)

群光、サーバー電源で世界トップ狙う(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン