• 印刷する

グラブペイ、QRコードのマレーシア規格採用

マレーシアのQRコード規格で提携したペイネットのピーター・シーサー・グループ最高経営責任者(CEO、左)とグラブのオーイ社長=1日、クアラルンプール(グラブ提供)

マレーシアのQRコード規格で提携したペイネットのピーター・シーサー・グループ最高経営責任者(CEO、左)とグラブのオーイ社長=1日、クアラルンプール(グラブ提供)

東南アジア配車最大手グラブが展開する決済アプリ「グラブペイ」は、QRコードのマレーシア国家規格「ドゥイットナウQR」を来年上半期(1~6月)中に採用する。電子ウォレット(電子財布)による導入は初めて。マレーシア中央銀行傘下でドゥイットナウQRを運営するペイメンツ・ネットワーク・マレーシア(ペイネット)と1日、共同発表した。

グラブペイのオーイ・フエイティン社長(マレーシア・シンガポール・フィリピン担当)は、「当社は地域密着型の戦略を採っている。ペイネットとの提携によって、より多くの消費者が電子ウォレットを利用しやすくなる」と述べた。

ドゥイットナウQRは、中銀の「相互運用口座振替フレームワーク(ICTF)」の下、マレーシア国内で相互利用が可能な標準規格として開発された。既に銀行4行のモバイルアプリに採用されており、向こう半年以内に銀行25行が採用する見込みだ。店舗側は単一のQRコードで複数の決済アプリに対応することが可能になる。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料金融IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

7月新車販売、上位は急回復 首位プロドゥアは単月で今年最多(08/07)

タンチョン、越で日産2車種の販売終了へ(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

RM1=25.2円、$1=4.19RM(6日)(08/07)

外国人労働者数把握で特別委、首相指示(08/07)

外国人の不法滞在、反則金徴収へ(08/07)

リサイクル率、25年までに40%目標(08/07)

東海岸をラテックス生産地帯に、ゴム委計画(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン