• 印刷する

中国滴滴、ライドシェア事業参入を検討

中国のライドシェアサービス最大手、滴滴出行が、フィリピン市場への参入に向けて同国の地方議員が所有する同業他社と交渉に入っていることが分かった。インクワイラーが4日に伝えた。

イロコス地方のイロコススール州の議員で、実業家でもあるルイス・シンソン氏が明らかにした。滴滴の参入により料金を引き下げ、利用者に移動の選択肢を増やしたい考え。

フィリピンのライドシェア市場は現在、シンガポール系のグラブ・フィリピンが90%のシェアを占めている。シンソン氏は「グラブの独占を打ち破りたい」と強調する。

フィリピンには、ライドシェア事業の運営を認められた運輸ネットワーク会社(TNC)が10社ある。シンソン氏はその1社であるUホップを所有している。公共企業であるTNCには、外資比率の上限が40%に定められている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに3379人、計12万2754人(08/07)

GDP16.5%減、過去最悪 4~6月、「景気後退」入り(08/07)

今年のGDP5.5%減に、政府予測(08/07)

比のコロナ感染者、東南ア最多に(08/07)

コロナ感染新たに3561人、計11万9460人(08/07)

フィリピンが破棄、コメ15万トンの輸入合意(08/07)

コロナ対策法案第2弾、下院の第2読会通過(08/07)

マカティ市、プール方式のコロナ検査実施へ(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン