• 印刷する

中国滴滴、ライドシェア事業参入を検討

中国のライドシェアサービス最大手、滴滴出行が、フィリピン市場への参入に向けて同国の地方議員が所有する同業他社と交渉に入っていることが分かった。インクワイラーが4日に伝えた。

イロコス地方のイロコススール州の議員で、実業家でもあるルイス・シンソン氏が明らかにした。滴滴の参入により料金を引き下げ、利用者に移動の選択肢を増やしたい考え。

フィリピンのライドシェア市場は現在、シンガポール系のグラブ・フィリピンが90%のシェアを占めている。シンソン氏は「グラブの独占を打ち破りたい」と強調する。

フィリピンには、ライドシェア事業の運営を認められた運輸ネットワーク会社(TNC)が10社ある。シンソン氏はその1社であるUホップを所有している。公共企業であるTNCには、外資比率の上限が40%に定められている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:歌を口ずさみながらレジ…(12/11)

トヨタ、物流拠点を新設 45億ペソ投資、20年に稼働(12/11)

10月の貿易赤字26%減、輸出はプラス維持(12/11)

1~10月の輸入車販売3.3%減、7.1万台に(12/11)

高速運営NLEX、港湾接続道の敷設計画(12/11)

複合MPIC、病院部門の出資手続き完了(12/11)

JGサミット、独DHLと物流合弁(12/11)

全国送電社の事業、中国企業が40件超受注(12/11)

FDI純流入額、1~9月は37%減=中銀(12/11)

〔ミ島通信〕戒厳令の延長ない、大統領府(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン