• 印刷する

テイクオフ:シンガポール西部にある…

シンガポール西部にある「ジュロン・バード・パーク」は、400種5,000羽余りの鳥類を飼育するアジア最大級の鳥類園だ。北部マンダイの動物園やリバーサファリと並ぶ、観光名所の一つとなっている。

このバード・パーク、なぜか工業地帯のただ中に位置する。実はシンガポール人の間では「化学工場などからの汚染物質の流出に政府がいち早く気が付けるよう、大量の鳥を屋外飼育するようになった」とする言説が、まことしやかにささやかれている。開園した1971年当時のことを考えると、あながちうそではないかもしれない。

ただこのバード・パークも近くマンダイに移転が決まっており、ジュロンの施設は閉鎖される。「化学汚染のセンサーとしての鳥園は、もうシンガポールには必要ない」。きれいに整備された工業地帯を車窓から見ながら、そんな声を聞いた気がした。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率、初の2桁マイナス コロナ禍で約11年ぶり景気後退(21:21)

マレーシアとの出入国制限、8月10日に緩和(22:21)

政府、外国人労働者締め付け強化へ=シティ(19:01)

複合ケッペル、淡・海水の浄水施設稼働(22:21)

不動産業界、コロナ禍で上半期の業績悪化(22:22)

中国の防水材企業、シンガポールで特許取得(18:59)

新規感染347人、計4万6630人(14日)(21:15)

テイクオフ:来月9日は、シンガポー…(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン