地場EC2社、薄利多売路線を転換へ

インドネシアの電子商取引(EC)2社が、薄利多売から利益重視の販売戦略に転換する。テンポ(電子版)が10月31日伝えた。 地場EC業界はこれまで、値引きや還元を大々的に行う販促戦略をとってきたため、業績上は各社とも損益分岐点に届かない状況だった。このため地場ECサ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

ガルーダ航空、事業改革で国内線重視へ(17:49)

優秀な公務員の週休3日制や在宅勤務を検討(16:31)

テイクオフ:年末の一時帰国を前に、…(12/16)

バンコク銀がプルマタ銀買収 来年に2900億円で、海外事業強化(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

11月の新車販売台数は12%減少=地元紙(12/16)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/16)

ホンダ四輪、11月小売り台数は前月比5%増(12/16)

アバンザ、発売以来16年で累計180万台販売(12/16)

すてきナイス、モデルハウスの見学会実施(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン