• 印刷する

エアソウル、韓国初の中国・臨沂線就航へ

韓国アシアナ航空傘下の格安航空会社(LCC)エアソウルは10月31日、ソウル・仁川―中国・臨沂線を11月2日に新規就航すると発表した。韓国の航空会社としては初の臨沂線となる。

火曜日と土曜日の週2回運航する。新路線の開拓によって新たな需要を生み出し、中国人旅行客の韓国への誘致にも力を入れていく。

就航の背景について、エアソウルの関係者は「臨沂市は青島よりも多い人口1,000万人を抱える物流都市であり、両国の通商需要も期待できるなど潜在的な成長力が十分だと判断した」と説明した。

エアソウルは中国や東南アジアを中心に路線拡大を進めている(写真はイメージ、同社提供)

エアソウルは中国や東南アジアを中心に路線拡大を進めている(写真はイメージ、同社提供)


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(18:26)

ダイトーキスコの工場で火災(17:40)

東ソーが半導体関連工場設立 装置用石英ガラス、需要増に対応(12/13)

貿易協定、2国間に軸足 交渉自由度を優先、米などと(12/13)

韓国系LVMC、地場GMSの全株式を取得(12/13)

中国人のビザ発給対象を拡大、観光客誘致へ(12/13)

19~20年の半導体設備出荷額、台湾が首位か(12/13)

対馬の韓国人客4割減、島内消費33億円減か(12/13)

韓国気象庁と協力、天気予報の精度改善へ(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン