• 印刷する

エアソウル、韓国初の中国・臨沂線就航へ

韓国アシアナ航空傘下の格安航空会社(LCC)エアソウルは10月31日、ソウル・仁川―中国・臨沂線を11月2日に新規就航すると発表した。韓国の航空会社としては初の臨沂線となる。

火曜日と土曜日の週2回運航する。新路線の開拓によって新たな需要を生み出し、中国人旅行客の韓国への誘致にも力を入れていく。

就航の背景について、エアソウルの関係者は「臨沂市は青島よりも多い人口1,000万人を抱える物流都市であり、両国の通商需要も期待できるなど潜在的な成長力が十分だと判断した」と説明した。

エアソウルは中国や東南アジアを中心に路線拡大を進めている(写真はイメージ、同社提供)

エアソウルは中国や東南アジアを中心に路線拡大を進めている(写真はイメージ、同社提供)


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、20人増の1万4519人(12:08)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

サムスン旗艦機で首位奪還へ ノート20公開、MSとゲーム協業(08/07)

新型コロナ感染者、43人増の1万4499人(08/07)

7月の輸入車販売、5カ月ぶり2万台下回る(08/07)

大韓航空が2Q黒字転換、貨物好調が奏功(08/07)

HDC、アシアナ側の「再査定拒否」に遺憾(08/07)

LCCジンエアーが増資へ、生き残り模索(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン