• 印刷する

比船員の雇用、米中摩擦の短期影響ない

フィリピン人乗組員を約2万人雇用しているノルウェーの海運業界は、米中貿易戦争の長期化を懸念しながらも、フィリピン人の安定した雇用を見込んでいる。マニラ・ブレティン(電子版)が29日伝えた。

ノルウェー船主協会(NSA)のハラルド・ソルバーグ最高経営責任者(CEO)は、マニラ首都圏の研修施設で記者会見し、「雇用は安定して推移すると確信している」と述べた。貿易戦争が当面はフィリピン人船員の雇用に影響しないとの見方を示した。

一方、ソルバーグCEOは「保護主義の拡大を懸念している」と説明。長期的には海運業界に悪影響をもたらす恐れがあるとした。

NSAにはノルウェーの海運会社130社が加盟している。大半がマニラに拠点を開設し、船員を雇用している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

政策金利2.0%を維持、4会合連続(05/12)

【プロの眼】インフラの3大要素 「通信・決済・販促」(05/13)

テイクオフ:所狭しと並べられた豪華…(05/12)

GDP、1~3月4.2%減 5期連続マイナス、感染拡大響く(05/12)

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

新型コロナ、新たに4734人感染(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン