• 印刷する

《知財》偽ブランド品など16トン処分、広州税関

広東省広州市の広州税関は29日、偽ブランド品など知的財産権を侵害するとして押収した15万7,300トン分の商品(点数にして14万1,700点分)の一斉処分を行った。広州税関は7月からの6か月間を強化期間として取り締まりを進めていた。30日付広州日報が伝えた。

押収した商品はパウダーファンデーション、衣服、バッグ、パソコン用マウス、腕時計、歯みがき粉など。広州税関が7~9月に知的財産権侵害の疑いで取り調べた通関貨物は694件で、231万5,500点の物品を押収した。今年に入ってから押収した商品の一斉処分を16回行っているが、今回の処分が最も規模が大きいという。広州税関は一連の取り締まりで、14カ国68社の知的財産権が保護されたとしている。

中国による知的財産権の侵害は米中貿易摩擦の一因となっている。


関連国・地域: 中国-広東
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

バイトダンス、アプリで反中記事を削除(08/14)

工作機械輸出、7月は4割減 不振の流れ変わらず、通年半減か(08/14)

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

テイクオフ:「もう産まれる」。2年…(08/14)

中国、マカオ観光を解禁 9月にも全土から、業界に期待(08/14)

【コロナ後の新常態】オンライン教育に脚光 コロナで需要拡大、日中協業も(08/14)

鴻海、中国の生産比率70%に引き下げ(08/14)

CP、商用車マクサス販売をフォトンに統合(08/14)

米が中国製使用で取引禁止、華為など5社(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン