• 印刷する

日本のバナナ関税撤廃、農業省が再び要請

フィリピン政府は日本に対し、バナナの輸入関税を撤廃するようあらためて求めた。日本・フィリピン経済連携協定(JPEPA)を見直す協議の一環。28日付インクワイラーが伝えた。

ダール農相代理はブルネイで先週に開催された二国間協議で、日本の農林水産省幹部と会談。夏期(4~9月)に8%、冬期(10~3月)に18%に設定されているフィリピン産バナナの輸入関税を撤廃するよう求めた。

両者の会談は、東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓3カ国の農林相会合(AMAF+3)の期間中(15~17日)に実施された。

フィリピン政府にとって、対日輸出バナナの関税撤廃は以前からの課題。バナナ生産者輸出業者協会(PBGEA)などは政府に対し、日本を含む東アジア3カ国での早急な関税減免を実現するよう要求。ピニョル前農業相も日本に関税撤廃を働き掛けていたが、実現に至っていない。

フィリピン統計庁(PSA)によると、日本向けバナナ輸出額は2016年時点で2億3,130万米ドル(約251億円)。全体の3割以上を占めた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8122人感染(19:57)

テイクオフ:外出・移動制限措置の長…(04/14)

自動車業界に「三重苦」 コロナで工場停止、輸入車に課税(04/14)

新型コロナ、新たに8571人感染(04/14)

ドコモとスマート、5G国際ローミング開始(04/14)

3月新車販売88%増、前年の反動(04/14)

大統領「病気ではない」、健康問題払しょく(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン