ソロで廃棄物発電所、中国建設銀行が融資

インドネシアの国営建設プンバングナン・プルマハン(PP)が出資するソロ・チトラ・メトロ・プラズマ・パワー(SCMPP)は23日、中ジャワ州のスラカルタ(ソロ)でごみ焼却の熱を利用する廃棄物発電所を着工した。事業費は約2,300万米ドル(約25億円)。このうち中国建設銀行…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナ対策の社会的…(07/08)

中古車ローン、4月は堅調 公共交通機関の感染リスク懸念で(07/08)

スズキ現法、国内の生産拠点が全て再開(07/08)

自転車走行の規則、政府が7月中に策定へ(07/08)

ガルーダ航空、早期退職に300人超が応募(07/08)

財務省と中銀、コロナ対策の負担分担で合意(07/08)

6月末の外貨準備高、前月比0.9%増(07/08)

為替参照1万4456ルピア、株価は小幅反落(07/08)

婦人靴のアマガサ、EC事業展開へ(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン