消費者信頼感指数、2Qは5P低下

米調査会社コンファレンス・ボードとニールセンがまとめた香港の今年第2四半期(4~6月)の消費者信頼感指数(CCI)は100となり、前年同期から5ポイント低下した。消費者の先行きに対する楽観傾向の弱まりが浮き彫りとなった。23日付香港経済日報が伝えた。 同指数は100が…

関連国・地域: 香港
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ホンハム駅の閉鎖続く、本土行き列車も運休(11:38)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

10月のCPI、3.1%上昇=前月比で鈍化(11/22)

香港法案、米議会通過=大統領署名見通しと報道(11/22)

中国猛反発、報復の構え=香港法案の米議会通過(11/22)

香港人権法、米社のカジノ免許更新に影響か(11/22)

続落、米中協議を不安視=香港株式(11/22)

HSBC、グローバル投資部門トップを交代か(11/22)

LIBOR停止への対応、香港の銀行は順調(11/22)

香港不動産3社の目標株価下げ、モルガン(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン