• 印刷する

新興フラックス、車の定額利用サービス開始

マレーシアの新興企業フラックス(Flux)は、毎月一定の料金を支払う事で自動車を利用できる、サブスクリプションサービスの提供を開始した。23日付スターなどが伝えた。

フラックスのサブスクリプションサービスでは、メルセデス・ベンツやBMWなどの高級車、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、韓国・起亜自動車など幅広いメーカーから車両を選ぶことができる。料金は契約期間と走行距離に応じて設定されおり、起亜の小型車「ピカント」の場合、最長の3年契約、年間走行距離の上限が1万5,000キロメートルのプランで月額814リンギ(約2万1,000円)。料金には保険や道路税(日本の自動車税に相当)、車両のメンテナンス費用なども含まれている。

フラックスの設立者であるアジズ・アイマン最高経営責任者(CEO)は、サブスクリプションサービスのメリットについて「ローンで車両を購入する場合に比べ、費用負担を抑えることができる」と説明。「自動車を所有する新たな方法としてサブスクリプションサービスを広めていきたい」とコメントした。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車サービス

その他記事

すべての文頭を開く

トライトンの6モデル目発売 三菱自、来年販売20%増狙う(11/15)

「独身の日」の利用、マレーシアが域内最多(11/15)

国内総人口は3263万人、19年9月末時点(11/15)

5Gサービス開始は21年に遅延も、フィッチ(11/15)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(14日)(11/15)

EUのバイオ燃料規制、WTO提訴を延期(11/15)

ブルサ、来年の新規上場は40社見通し(11/15)

エアアジアX決算、3Qは赤字幅が拡大(11/15)

外国人に大型二輪の運転認可、観光省が要請(11/15)

不動産UEM、豪複合ビルを売却へ(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン