• 印刷する

農機ソナリカ、合弁設立で中国に進出

インドの農機・建機大手ソナリカ・グループ傘下のインターナショナル・トラクターズ(ソナリカITL)は19日、中国の魯宇重工機械との合弁会社ルユリカ(Luyulika)・アグリ・マシナリーを設立し、世界で2番に大きい中国のトラクター市場に進出すると発表した。

合弁設立により、魯宇重工機械は製品ラインアップを拡充し、ソナリカITLのトラクターを中国で販売することが可能になる。魯宇重工機械は、中国で小型ローダー、小・中型ショベル、フォークリフトを製造する建機メーカー。売上高は4億米ドル(約430億円)超に上る。

ソナリカITLのディーパック・ミッタル社長によると、ルユリカ・アグリ・マシナリーは合弁事業の第1期で1,000万米ドルを投じ、トラクターとエンジンの組立工場を設置する計画だ。魯宇重工機械と他の建機メーカー向けにホイールローダー用エンジンを組み立てる。ソナリカITLは既にトラクター用エンジンの輸出を手掛けている。

ソナリカITLはインドのトラクターメーカーで業界3位。世界120カ国以上で製品を販売する。ヤンマーホールディングスが出資している。


関連国・地域: 中国インド
関連業種: 食品・飲料農林・水産その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

印M&M、双竜自の持ち株比率引き下げか(08/12)

石炭貨物オーリゾン「本年度は石炭需要減」(08/12)

テイクオフ:新型コロナ対策の全土封…(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

政府が農業支援を強化 1兆ルピー基金でインフラ構築へ(08/11)

自動車小売り販売、7月は36%減(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン