• 印刷する

農機ソナリカ、合弁設立で中国に進出

インドの農機・建機大手ソナリカ・グループ傘下のインターナショナル・トラクターズ(ソナリカITL)は19日、中国の魯宇重工機械との合弁会社ルユリカ(Luyulika)・アグリ・マシナリーを設立し、世界で2番に大きい中国のトラクター市場に進出すると発表した。

合弁設立により、魯宇重工機械は製品ラインアップを拡充し、ソナリカITLのトラクターを中国で販売することが可能になる。魯宇重工機械は、中国で小型ローダー、小・中型ショベル、フォークリフトを製造する建機メーカー。売上高は4億米ドル(約430億円)超に上る。

ソナリカITLのディーパック・ミッタル社長によると、ルユリカ・アグリ・マシナリーは合弁事業の第1期で1,000万米ドルを投じ、トラクターとエンジンの組立工場を設置する計画だ。魯宇重工機械と他の建機メーカー向けにホイールローダー用エンジンを組み立てる。ソナリカITLは既にトラクター用エンジンの輸出を手掛けている。

ソナリカITLはインドのトラクターメーカーで業界3位。世界120カ国以上で製品を販売する。ヤンマーホールディングスが出資している。


関連国・地域: 中国インド
関連業種: 食品・飲料農林・水産その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を終了、日本とインドの化学品(12:05)

テイクオフ:インドのような多文化・…(11/20)

鉄鋼業界、2Qは販売低迷 大手4社が2桁減収(11/20)

羽田―デリー便、JALが来年3月に就航(11/20)

ASUS、インドで年内に200店体制へ(11/20)

10月の国内線旅客数、4.0%増の1232万人(11/20)

道路通行料支払い、来月から電子タグ義務化(11/20)

サムスン電子系列、インド法人を相次ぎ設立(11/20)

鉄道の安全強化事業で訪日研修=JICA(11/20)

IL&FSの道路資産2件、外国企業が取得へ(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン