• 印刷する

1人当たり資産残高、19年は3200万円

スイス金融大手のクレディ・スイスが発表した「世界の富に関する報告書(グローバル・ウェルス・リポート)2019」で、シンガポールの成人1人当たりの資産残高が19年半ば時点で前年比5%増の29万7,873米ドル(約3,200万円)だったことが分かった。2000年の11万4,720米ドルから年平均5.3%のペースで増加している。

シンガポールの総資産額は1兆4,000億米ドル。1人当たりの負債額は5万2,340米ドルだった。総資産に対する負債比率は15%で、前年からほぼ横ばいとなった。

1世帯当たり総資産では全体の57%を金融資産が占めた。国・地域別でみると、1世帯当たり総資産は世界11位で、18年の9位から後退した。アジア地域では香港に次ぐ2位だった。

シンガポールで保有資産が1万米ドル未満の人の比率はわずか14%となっており、世界平均の58%を大きく下回った。シンガポールの成人(500万人)のうち5%は、世界の資産ランクで上位1%の富裕層に入っている。

報告書によると、シンガポールでは00~12年まで米ドル建ての1人当たり資産残高で大幅な伸びが見られた。その後、Sドルの下落でやや落ち込んだものの、15年からは再度、伸びが堅調になった。貯蓄額の増加や不動産資産価値の上昇などが背景にあるという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

人材確保は域内他国より容易、ヘイズ調査(17:53)

ビル管理ISO、植物園などの改修工事受注(17:52)

1~9月商業不動産投資、都市別で世界8位(16:57)

地場天然ゴム大手、アフリカでNGOと提携(14:22)

1~9月の起業純増数、前年同期下回る(13:50)

3Q経済成長率の改定値0.5% 前期より回復、今後は上昇基調か(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

3Q輸出額1割減、通年の伸び率下方修正(11/22)

MRTの新車両基地、中国企業が受注(11/22)

日系店舗が多い商業施設、再開発確定(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン