「九段線」の米中アニメ、馬でも上映中止

【シンガポール共同】米中合作のアニメ映画「アボミナブル」に中国が南シナ海で主張する独自の境界線「九段線」を示す地図が登場する場面があり、領有権問題を中国と抱える国に反発が広がっている問題で、新たにマレーシアでも予定された上映が20日までに中止された。 同映画に絡…

関連国・地域: 中国ベトナムマレーシア米国
関連業種: メディア・娯楽政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

交通事故、意識改革が課題 飲酒罰則や免許制、法整備前進も(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台(07/15)

車両登録料、7~9月に電子納付を導入(07/15)

フック首相、中国との航空便再開を大筋承認(07/15)

越航空、政府に12兆ドンの緊急支援要請へ(07/15)

物流の自動化、コロナ禍を契機に加速か(07/15)

石油市場への外資参入、商工省が草案提出(07/15)

ペトロベトナム、上半期32兆ドン国庫納入(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン