「九段線」の米中アニメ、馬でも上映中止

【シンガポール共同】米中合作のアニメ映画「アボミナブル」に中国が南シナ海で主張する独自の境界線「九段線」を示す地図が登場する場面があり、領有権問題を中国と抱える国に反発が広がっている問題で、新たにマレーシアでも予定された上映が20日までに中止された。 同映画に絡…

関連国・地域: 中国ベトナムマレーシア米国
関連業種: メディア・娯楽政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

主要上場、増益は20社と躍進 拡大基調も建設は不振=3Q決算(11/15)

豊田合成、タイビンのエアバッグ工場拡張(11/15)

旭化成アドバンス、越でエアバッグの縫製(11/15)

HCMメトロ1号、投資額3.4兆ドン減額(11/15)

ベトナム航空など、テト前後に1220便追加へ(11/15)

DHLの倉庫完成、21年までに200人体制へ(11/15)

香港スイスベルホテル、ベトナム事業拡大へ(11/15)

新公示地価は不動産市場に悪影響=協会(11/15)

19年の石油火力発電量、25.7億kWhに(11/15)

不動産投資見通しで首位、香港回避の恩恵(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン