• 印刷する

テイクオフ:毎年恒例の「Qシネマ国…

毎年恒例の「Qシネマ国際映画祭」がマニラ首都圏ケソン市で開催されている。今年は国内外から集まった70作品以上が上映。フィリピン映画が誕生してから100周年の節目ということもあり、人気監督の新作公開など作品が充実している。

同会場で開催中のフィリピン映画史の展示には、若手監督の多くが尊敬するという1970~80年代を代表する監督リノ・ブロッカ氏の解説コーナーがあり、客足が絶えないようだ。マルコス政権下の戒厳令を批判し表現の自由を訴えた監督で、同国映画を海外に知らしめたパイオニア。映画人を目指す若者たちがメモを取り、議論する姿も見られた。

ただ、肝心の映画上映は観客が乏しいのが残念。特に娯楽作品以外のドキュメンタリーなどは、集客に苦労するようだ。映画づくりの魂が受け継がれ、若手の発表の場が整いつつあるとも聞くが、観客の客層の幅も広がることに期待したい。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ首都圏、16日以降も制限緩和を維持(19:55)

テイクオフ:某米系動画配信サービス…(07/16)

コロナで電子決済2.4倍 現金払い社会、急速に変化(07/16)

6月の東南ア訪日客99.9%減、コロナ禍続く(07/16)

コロナ感染新たに1392人、累計5万8850人(07/16)

比、閣僚3人目コロナ感染(07/16)

コロナ軽症・無症状者、隔離基準を厳格化(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン