• 印刷する

西ジャワの投資26件で覚書締結、4千億円

インドネシアの西ジャワ州政府が18日に州都バンドン市で開催した「西ジャワ投資サミット2019」で、同州に対する投資案件26件の覚書(MOU)が締結された。事業総額は計53兆8,000億ルピア(約4,130億円)。19日付ビスニス・インドネシアとコンパスが伝えた。

投資案件が全て実現すれば約3万人の雇用が創出される見込み。

州営企業が関わる案件が多くを占めた。州営水道事業者ティルタ・グマ・リパは、フィリピンのマニラ首都圏で水道事業を手掛けるマニラ・ウオーター(MWCI)や国営建設アディ・カルヤなどと、1社としては最も多いMOUを締結した。事業費は合わせて3兆6,000億ルピア。

サミットには約250社が参加した。海外からはマレーシア、シンガポール、中国、台湾、日本、英国などの民間企業が集まった。台湾タイヤ大手の正新橡膠工業は、工場の建設に9兆9,000億ルピアを投じる。

MOUに署名する西ジャワ州のリドワン・カミル知事(同州提供)

MOUに署名する西ジャワ州のリドワン・カミル知事(同州提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:営業を再開したショッピ…(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

製造業PMIが過去最低水準 中央銀行、コロナ影響で需給停滞(07/15)

1~6月の完成車輸入、47%減の9.1万台(07/15)

航空関連産業が収益源を模索、旅客急減で(07/15)

6月の自動車販売、3カ月ぶりに1万台超(07/15)

メルセデス商用車、6月に西ジャワ工場再開(07/15)

日本政府のビザ発給数、19年は比人2位(07/15)

ADK、子会社設立でサービス基盤強化(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン