• 印刷する

MTR、運行短縮は今月後半も続く見通し

香港鉄路(MTR)の運行時間短縮は今月後半も続き、通勤や通学への影響が避けられない見通しだ。香港政府などへの抗議活動の過激化によって破壊された駅の修復作業が完了していないためだ。20日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

MTRは破壊された駅設備や自動券売機などの修復作業のため、過去2週間にわたり運行時間を短縮している。政府運輸・住宅局の陳帆(フランク・チャン)局長は18日、駅での破壊行為がこれ以上起きなければ、数週間以内に運行が正常化する可能性があると述べた。

一方、公共交通関連の問題を監視する非政府組織(NGO)、公共運輸研究組の広報担当者は、修復作業に時間がかかりすぎていると指摘。「市民が夜遅くまで外出しないようにし、政府が抗議活動を抑えやすくすることが目的ではないか」と疑問を呈した。

これに対し、MTRを運行する香港鉄路公司(MTRC)は「多くの駅で修復が必要で、交換部品も不足しているためだ」と説明した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

香港、18日も域内の小中学校など休校(18:49)

景気浮揚は20年後半見通し 回復に時間必要、CLSA予想(11/15)

政府、夜間外出禁止令を否定 13日の緊急会議受け観測浮上(11/15)

4日連続のデモ、小中学校などの休校を延長(11/15)

「1秒でも早く」、香港から多数学生が退避(11/15)

中環と中文大「戦場化」に懸念、経済紙社説(11/15)

13日のスト呼び掛け、900万人が足奪われる(11/15)

香港スイスベルホテル、ベトナム事業拡大へ(11/15)

香港ビジネス環境は難局続く、ゴールドマン(11/15)

市中銀行、13日の混乱で250カ所の支店休業(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン