• 印刷する

テイクオフ:仕事の疲れを癒やしてく…

仕事の疲れを癒やしてくれる存在は大きい。帰宅すると、一番に迎えてくれる猫。押し合いへし合いの長時間通勤を耐えられるのは、愛猫のおかげでもある。

まだまだ当地でなじみのない動物保護だが、にわかに風向きが変わり始めている。化学物質の安全性試験などで動物実験しないよう、動物愛護団体やテレビタレントが活動を始めた。うさぎの目に腐食性薬品を差すことや犬に強制的に殺虫剤を投与すること、ねずみに毒性の煙を吸わせることなどが代表例という。

動物好きで知られるある有名女優は、高級ブランドであるエルメスのスカーフを巻いた愛犬の写真をインスタグラムに投稿した。動物向けの福祉施設まで建設している。エルメスのスカーフとなると行き過ぎな感も否めないが、有名人の力で動物愛護が拡散することは悪いことではない。一番かわいいのはわが愛猫に変わりないが。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:少しずつ日常を取り戻し…(07/15)

コロナ病床不足「危機的」に 首都圏の複数病院、受け入れ停止(07/15)

コロナ感染新たに634人、累計5万7545人(07/15)

1~6月輸入車販売、コロナ影響で55%減(07/15)

トヨタ、首都圏の直行バス予約アプリ提供(07/15)

日本政府のビザ発給数、19年は比人2位(07/15)

投資委の認可額、1~6月は2.1倍(07/15)

マニラ空港拡張、連合に交渉終了の通知(07/15)

ナボタス市、16日から厳格な外出制限(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン