• 印刷する

テイクオフ:仕事の疲れを癒やしてく…

仕事の疲れを癒やしてくれる存在は大きい。帰宅すると、一番に迎えてくれる猫。押し合いへし合いの長時間通勤を耐えられるのは、愛猫のおかげでもある。

まだまだ当地でなじみのない動物保護だが、にわかに風向きが変わり始めている。化学物質の安全性試験などで動物実験しないよう、動物愛護団体やテレビタレントが活動を始めた。うさぎの目に腐食性薬品を差すことや犬に強制的に殺虫剤を投与すること、ねずみに毒性の煙を吸わせることなどが代表例という。

動物好きで知られるある有名女優は、高級ブランドであるエルメスのスカーフを巻いた愛犬の写真をインスタグラムに投稿した。動物向けの福祉施設まで建設している。エルメスのスカーフとなると行き過ぎな感も否めないが、有名人の力で動物愛護が拡散することは悪いことではない。一番かわいいのはわが愛猫に変わりないが。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業、新興ITに照準 成熟度見極め、法整備は前進(11/15)

中銀が政策金利据え置き、3会合ぶり(11/15)

ヨマに比アヤラが出資、不動産・金融で協業(11/15)

コメの輸入規制撤廃を維持、財務省(11/15)

地場オリオン、エネ事業で米B&Mと提携(11/15)

「悪行税」法案、年内の上院通過に期待(11/15)

タイ製車両に輸入制限、たばこ紛争報復で(11/15)

外資投資の伸び、東南ア首位=ア開銀(11/15)

ジョリビー、中国に「添好運」の合弁設立(11/15)

ア開銀、自治体の能力向上に3億ドル(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン