• 印刷する

インソン最大の受注、南米企業から50億ドル

マレーシアの海洋サービス事業者インソン・ホールディングスは16日、オランダの関連会社インソン・ボロニア・プロダクション(YBP)が、ブラジル石油公社(ペトロブラス)から浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)の用船契約を受注したと発表した。受注額は54億米ドル(約5,876億円)。

インソンがペトロブラスから受け取った発注内示書(LOI)によると、契約期間はインソンが供給するFPSO「マルリン2」をペトロプラスが受け取った日から約25年間。インソンは、FPSOの運用・保守(O&M)業務も手掛ける。マルリン2は、ペトロブラスが保有するブラジルのカンポス海盆北東沖マルリン鉱区に配備され、2023年第1四半期(1~3月)に稼働する予定だ。O&M業務は、YBPのブラジル子会社インソン・ボロニア・サービス・デオペラサンが請け負う。

17日付スターによると、ペトロブラスとの契約はインソンにとって単体で過去最大規模。インソンの受注残高は、現在の水準からほぼ2倍の100億米ドルに達したもようだ。

インソンは現在、ブラジルとガーナで2件のFPSO供給案件に入札しているが、アナリストは、「今後2件の受注が決まっても、インソンは対応可能。さらに事業を拡大する場合は、資金の調達が必要になる」とみている。マルリン2には、10億米ドルの設備投資が必要となる見通しだ。


関連国・地域: マレーシア中南米
関連業種: 自動車・二輪車運輸天然資源サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インドがマ産CPOの調達再開、価格低下で(17:15)

飲料大手F&N、2部門好調で24%増益(17:53)

トライトンの6モデル目発売 三菱自、来年販売20%増狙う(11/15)

「独身の日」の利用、マレーシアが域内最多(11/15)

国内総人口は3263万人、19年9月末時点(11/15)

5Gサービス開始は21年に遅延も、フィッチ(11/15)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(14日)(11/15)

EUのバイオ燃料規制、WTO提訴を延期(11/15)

ブルサ、来年の新規上場は40社見通し(11/15)

エアアジアX決算、3Qは赤字幅が拡大(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン