越の南北高速鉄道計画、高コストに異論噴出

【ハノイ共同=桜井幸彦】ベトナムを南北につなぐ高速鉄道計画が迷走している。約580億ドル(約6兆3,000億円)を投じて北部の首都ハノイと南部の商都ホーチミンの約1,500キロを最速5時間半で結ぶ構想に「コストがかかりすぎる」と政府内で異論が噴出。政府は10月から国会審議に入…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 建設・不動産運輸


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス航空、ビエンチャンーハノイ路線再開(07/17)

神鋼環境、強まる規制商機に 日系が挑む越の水処理事業(上)(07/17)

ANA、東京―ホーチミン市便を8月再開へ(07/17)

ホンダ、スクーター「SHモード」新モデル(07/17)

トヨタ、ウィーゴの新モデルを発売(07/17)

韓国フライ江原、越当局から経営許可取得(07/17)

日本郵船、南部の引き船事業会社に15%出資(07/17)

日本空調サービス、連結子会社の事業停止(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン