• 印刷する

テイクオフ:台風19号の被害状況は…

台風19号の被害状況は、シンガポールでもトップニュースの一つとして報道された。三重県伊勢市の情報に始まり、都市部の交通状況、長野、栃木、宮城、福島など各県の被害状況も生々しい写真と共に伝えられた。週が明けると、東京で足止めされていたシンガポール人たちが帰国。地元紙は彼らを取材した記事を掲載した。

地震もなければ台風もない。シンガポールは災害とほぼ無縁の国だ。そんな当地でも災害救助組織なるものは存在する。17日には「マーシー・リリーフ」という人道支援団体が、災害救助のスペシャリストを宮城と福島に派遣した。被害地域に7,000人分の温かい食事を届けるのだという。同団体は、台風被害者救済のための資金調達も行っている。

なにかと日本を気に掛けてくれるシンガポールの人たち。日本人の一人として、お礼の言葉を伝えていきたい。(薩)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

企業の7割超、売上9割減少 コロナ下のMICE産業(上)(22:08)

経済支援策、今後は実施しない意向=貿産相(19:03)

「シンガポール経済は堅ろう」=金融庁長官(19:03)

金融庁決算、20年3月期は45%減益(22:48)

駐在員の生活費、世界14位に2ランク後退(19:03)

シンガポール航空、6月も旅客99%超減少(22:49)

日新、倉庫保管業務でハラル認証取得(22:48)

三井海洋開発、ケッペルに資源開発設備発注(22:02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン