• 印刷する

モーリシャスとFTA、アフリカ諸国で初

中国商務省は17日、モーリシャスと自由貿易協定(FTA)を締結したと発表した。鍾山商務相とモーリシャスの駐中国大使が同日、北京市で協定に調印した。

中国にとっては17カ国・地域目、アフリカ諸国とは初めてのFTAとなった。発効後は、最終的に相手国からの輸入額の92.8%に相当する商品の関税がゼロとなり、中国側は鉄鋼製品や紡織品、軽工業品の輸出で利益を受ける。サービス貿易では通信、教育、金融、観光、文化、交通、中国医薬などの分野でモーリシャスの市場が開かれることになる。

両国は2017年12月からFTA交渉を正式に開始し、昨年9月に交渉が妥結していた。両国の国内手続きを経て発効する。


関連国・地域: 中国-全国アフリカ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国のインフラ整備は停滞 シンクタンク、コロナの影響指摘(04/02)

テイクオフ:自宅隔離になって折り返…(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

財政出動でインフラ投資促進 専項債を前倒し、上期に集中発行(04/02)

今年のNEV生産160万台に、補助金延長で(04/02)

強制検疫の適用除外、企業の申請始まる(04/02)

財新製造業PMI、3月は50.1に拡大(04/02)

1~2月のサービス貿易、12%減の7403億元(04/02)

中国の5G基地局、年内に60万カ所超(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン