外国人労働者割合、来年めどに15%に

マレーシア人的資源省は、2020年をめどに総雇用者数に占める外国人労働者の割合を15%とする方針を示した。外国人労働者に依存する単純労働市場の雇用環境を改善し、マレーシア人材にも雇用機会を提供していく考えだ。国営ベルナマ通信が17日伝えた。 国会答弁で、「労働環境や作…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

インドがマ産CPOの調達再開、価格低下で(17:15)

飲料大手F&N、2部門好調で24%増益(17:53)

トライトンの6モデル目発売 三菱自、来年販売20%増狙う(11/15)

「独身の日」の利用、マレーシアが域内最多(11/15)

国内総人口は3263万人、19年9月末時点(11/15)

5Gサービス開始は21年に遅延も、フィッチ(11/15)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(14日)(11/15)

EUのバイオ燃料規制、WTO提訴を延期(11/15)

ブルサ、来年の新規上場は40社見通し(11/15)

エアアジアX決算、3Qは赤字幅が拡大(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン