外国人労働者割合、来年めどに15%に

マレーシア人的資源省は、2020年をめどに総雇用者数に占める外国人労働者の割合を15%とする方針を示した。外国人労働者に依存する単純労働市場の雇用環境を改善し、マレーシア人材にも雇用機会を提供していく考えだ。国営ベルナマ通信が17日伝えた。 国会答弁で、「労働環境や作…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

海運コンテナの料金巡り対立 船会社が荷主などの苦情に反論(07/17)

ドンキ、KL中心部に初出店へ(07/17)

RM1=25.1円、$1=4.27RM(16日)(07/17)

データ活用で地場と提携、スマートドライブ(07/17)

ビート、ジョ州に現地法人設立(07/17)

首都投資機関、中国建設銀と取引サイト始動(07/17)

日本空調サービス、連結子会社の事業停止(07/17)

隣国往来、ビジネス・公務は週に上限400人(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン