農薬の事前登録制度導入、安全性確保が目的

ラオス農林省は、農薬の品質や安全性を確保するため、製造・輸入時の事前登録制度を導入すると明らかにした。輸入農薬の危険性が指摘されていることを受けた措置。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が17日に伝えた。 官報に記載された同省の通達によると、農薬の製造業者や輸入業…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 医療・医薬品化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アタプー県、都市封鎖の可能性見据え準備(01/27)

【新ラオス法】第24回 信用保証会社について(01/27)

新型コロナ、感染3人増で累計44人(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

北部ウドムサイ、スマートシティーを開発へ(01/25)

コロナワクチン接種の第2回、4月に実施(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン