• 印刷する

華為のサブブランド、インドTV市場に参入

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)のサブブランドで、スマートフォンを展開する「オナー(Honor)」がインドのスマートテレビ(インターネットに接続可能なテレビ)市場に参入する。オナー・インディアの代表を務めるチャールズ・ペン氏によると、中国のシャオミ(小米科技)などが競合の価格帯となる見通し。エコノミック・タイムズ(電子版)が15日に伝えた。

製品の発売時期は来年前半で、まずはインターネット通販での展開が中心になるようだ。ペン氏によると、オナーはスピーカーなど、いわゆる「スマートデバイス」のインド市場への投入も予定している。

インドのテレビ市場では、スマートフォンメーカーの参入が相次いでいる。先月には、中国のパソコン大手、聯想集団(レノボ・グループ)傘下の米モトローラ・モビリティが参入したばかりだ。


関連国・地域: 中国インド
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

技術者1万人雇用で事業強化 テクノプロ、高まる人材需要に対応(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

タタコンサル、R&Dで米クアルコムと連携(11/22)

通信各社の未払金、一部に2年間の猶予(11/22)

インド、商工会議所の開設を検討(11/22)

中国二輪の春風、インドで初のショールーム(11/22)

アポロタイヤ、設備投資予定額を大幅に縮小(11/22)

電気バスの応札価格、支払い懸念で上昇傾向(11/22)

パーム油輸入、業界が関税引き上げ要求(11/22)

労使関係法案に閣議承認、有期雇用を明確化(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン