政府、企業と連携し自動運転の情報送信実験開始

【共同】政府は15日、国内外の自動車メーカーや大学などと連携し、高度な自動運転技術の開発に向けた実証実験を東京都内の臨海地域で始めた。信号や高速道路の交通状況といった情報を車両に送信し、安全性の向上やスムーズな自動走行の実現を目指す。 期間は2021年3月末までの計…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

新空港が日本支援で再始動 計画白紙から2年、事業化調査へ(07/15)

交通事故、意識改革が課題 飲酒罰則や免許制、法整備前進も(07/15)

日系各社がSUVを積極投入 展示会が開幕、コロナ禍で世界初(07/15)

人の往来の早期再開求める、人材送り出しで(07/15)

日本から観光、9月再開も=タイ担当相が表明(07/15)

上半期の貿易額6.6%減 6月はプラス、回復の兆し(07/15)

駐在員の出入国で要許可、休暇目的は認めず(07/15)

PCRセンター9月設置、出入国検査1万3千人(07/15)

6月の二輪販売、39%減の101万台(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン