• 印刷する

共英製鋼が南部港湾を拡張、投資総額34億円

共英製鋼(大阪市)は16日、ベトナムの港湾子会社チー・バイ・インターナショナル・ポート(TVP)が、南部バリアブンタウ省カイメップ・チバイ港での港湾事業の第2期開発に乗り出すと発表した。投資総額は3,100万米ドル(約34億円)。2022年1月に開港し、穀物などを取り扱う。

第2期では、16.4ヘクタールの土地を開発する。主岸壁は長さ250メートル、水深13.5メートル、バースの長さは140メートル。輸送量が多い穀物などを取り扱うことで、経済発展に貢献していく。

昨年1月に開港した第1期では、隣接するフーミー工業団地にある共英製鋼の鋼材子会社ビナ・キョウエイ・スチールが原料とする鉄スクラップ、近隣鉄鋼メーカーの製品などを取り扱っている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料鉄鋼・金属運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

モバイル通信、ユニテルが最速=米調査(11/22)

松尾製菓、20年に工場稼働へ 日本向けに「チロルチョコ」生産(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

ベトナム海外投資先、カンボジアが4位に(11/22)

航空分野10年で4倍、今後はインフラ投資を(11/22)

ベトナム航空、ハノイ―マカオ線12月就航(11/22)

中越国境で、貨物専用道路が来年1月開通へ(11/22)

ニントゥアン、再生可能エネの送電網が不足(11/22)

太陽光発電投資が下火に、事業効率低下で(11/22)

ビナケム、南部化学品輸出入社の株売却へ(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン