銀行の資本基準緩和、効果を疑問視も

香港金融管理局(HKMA)が14日、銀行に対する資本規制の一つ「カウンターシクリカル資本バッファー(CCyB)」比率を引き下げたことに対し、格付け会社や投資銀行からは実効性を疑問視する声が上がっている。経済の先行き不透明感が強まる中で企業の資金調達需要が減少して…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港で日々増えてきた新…(07/15)

政府、コロナ対策引き締め 在宅勤務奨励、マスク義務化も(07/15)

域内40人含め新たに48人が感染、計1569人(07/15)

水際対策強化、衛生局長に入境条件制定権(07/15)

全校の校内活動を2週間停止、学習塾も対象(07/15)

海洋公園とディズニー、感染防止で再休園へ(07/15)

公営レジャー・文化施設、15日から再休業(07/15)

反落、IT主力銘柄に確定売り=香港株式(07/15)

HSBC、銀行システム開放で科技園と提携(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン