東海岸鉄道、26年完工に順調 マレー半島東西の格差解消へ

今年4月に建設を再開した、マレーシアの東海岸鉄道(ECRL、総延長約600キロメートル)事業が順調に進んでいるようだ。事業主体である財務省傘下のマレーシア・レール・リンク(MRL)によると、設計・調達・建設全体の進捗(しんちょく)率は現在11.1%。2026年中の完工を目…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 金融建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

インドがマ産CPOの調達再開、価格低下で(17:15)

飲料大手F&N、2部門好調で24%増益(17:53)

トライトンの6モデル目発売 三菱自、来年販売20%増狙う(11/15)

「独身の日」の利用、マレーシアが域内最多(11/15)

国内総人口は3263万人、19年9月末時点(11/15)

5Gサービス開始は21年に遅延も、フィッチ(11/15)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(14日)(11/15)

EUのバイオ燃料規制、WTO提訴を延期(11/15)

ブルサ、来年の新規上場は40社見通し(11/15)

エアアジアX決算、3Qは赤字幅が拡大(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン