セメント販売1~9月、西部低調続き2%減

インドネシア・セメント協会(ASI)によると、1~9月の国内セメント販売量は前年同期比2%減の4,870万トンだった。東部地域では2桁増加したものの、主要な需要市場であるジャワ島とスマトラ島で需要低調が続いた。15日付インベストール・デーリーが伝えた。 国内消費量の6…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナで投資実現遅れ、BKPMが支援強化(21:17)

オーストラリアと労働者交換プログラム実施(21:17)

台湾の国泰金、マヤパダ銀の出資比率51%に(21:38)

テイクオフ:朝起きると、まず窓を開…(07/14)

大統領、検査態勢強化を指示 首都は活動制限強化も、感染増で(07/14)

西ジャワ州、マスク未着用住民に罰金適用へ(07/14)

バンテン州、PSBBを26日まで延長(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン