• 印刷する

19年度予算、電力省に最大の割り当て

ミャンマーの2019年度(19年10月~20年9月)予算で、電力・エネルギー省に初めて、全省の中で最大の8兆909億チャット(約5,729億円)が割り当てられた。前年度の6兆2,000億チャットから約30%の増加となる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が伝えた。

同省予算の一部は、20年までの短期的な電力増強策に充てられる。西部ラカイン州チャウピュー、中部マグウェー管区キュンチャウン、最大都市を管轄するヤンゴン管区のアロン、タンリン、タケタの計5カ所に液化天然ガス(LNG)火力発電所を建設し、計104万キロワット(kW)を発電する計画。近く入札を実施する予定だ。

同省予算はまた、水力発電所を毎年建設し、送電網を全国規模で拡充するなど、長期的な事業にも一部が充てられる。

電力・エネルギー省にはこれまで十分な予算が割り当てられず、発電所の建設などに遅れが出ていた。計画・財務省予算局のティダ・トゥン局長は「国民の生活水準を向上させるため、電力・エネルギー省に最大の予算を割り当てた」とコメントした。

政府は今年の電気料金による収入が、7月に実施した値上げにより9兆6,000億チャットに増加すると予想している。

19年度の政府の歳出は35兆2,000億チャット。財政赤字は6兆7,000億チャットで、国内総生産(GDP)に占める財政赤字比率は5.7%となる見通し。ティダ・トゥン局長は、「今年は歳出が増えるため、財政赤字が拡大すると予想される」と説明した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

新空港が日本支援で再始動 計画白紙から2年、事業化調査へ(07/15)

人の往来の早期再開求める、人材送り出しで(07/15)

コロナ関連規制、7月末までの延長発表(07/15)

帰国者5人の感染確認、累計336人=14日朝(07/15)

公立高校、21日の再開に向け入学手続き開始(07/15)

中銀がノンバンク向け規制公布、15日施行(07/15)

中国当局、ミャンマーの43社にコメ輸出許可(07/15)

雲南省、ミャンマー農産品のEC輸出に協力(07/15)

不法就労者の帰国許可、マレーシアに要請(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン