• 印刷する

19年度予算、電力省に最大の割り当て

ミャンマーの2019年度(19年10月~20年9月)予算で、電力・エネルギー省に初めて、全省の中で最大の8兆909億チャット(約5,729億円)が割り当てられた。前年度の6兆2,000億チャットから約30%の増加となる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が伝えた。

同省予算の一部は、20年までの短期的な電力増強策に充てられる。西部ラカイン州チャウピュー、中部マグウェー管区キュンチャウン、最大都市を管轄するヤンゴン管区のアロン、タンリン、タケタの計5カ所に液化天然ガス(LNG)火力発電所を建設し、計104万キロワット(kW)を発電する計画。近く入札を実施する予定だ。

同省予算はまた、水力発電所を毎年建設し、送電網を全国規模で拡充するなど、長期的な事業にも一部が充てられる。

電力・エネルギー省にはこれまで十分な予算が割り当てられず、発電所の建設などに遅れが出ていた。計画・財務省予算局のティダ・トゥン局長は「国民の生活水準を向上させるため、電力・エネルギー省に最大の予算を割り当てた」とコメントした。

政府は今年の電気料金による収入が、7月に実施した値上げにより9兆6,000億チャットに増加すると予想している。

19年度の政府の歳出は35兆2,000億チャット。財政赤字は6兆7,000億チャットで、国内総生産(GDP)に占める財政赤字比率は5.7%となる見通し。ティダ・トゥン局長は、「今年は歳出が増えるため、財政赤字が拡大すると予想される」と説明した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏を虐殺で告発、在英ロヒンギャ団体(01:09)

ロヒンギャ迫害で捜査決定、国際刑事裁(01:09)

18年度貿易赤字が6割減 縫製品・天然ガス輸出拡大が寄与(11/15)

ヨマに比アヤラが出資、不動産・金融で協業(11/15)

住商系SCSK、東南ア展開で海外事業拡大(11/15)

大和証券、合弁でマイクロファイナンス参入(11/15)

来年夏季へ、7カ所で新規発電所を建設中(11/15)

DHLの倉庫完成、21年までに200人体制へ(11/15)

国軍と武装勢力衝突、シャンで一時幹線封鎖(11/15)

マンダレー公示地価、最高価格は8%上昇(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン