新自動車政策、年内発表へ 恩典明文化されるか焦点

マレーシアのマハティール政権は、年内に新たな国家自動車政策(NAP2019)を発表する予定だ。自動車産業の振興に向けた戦略で、現行のNAP2014で導入された省エネルギー車(EEV)の現地生産への優遇制度の対象を拡大し、自動運転車などを含む次世代車の生産を奨励する内容…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地は子だくさん家庭が…(01/22)

プロドゥアが設備投資86%増 販売目標は前年並みの24万台(01/22)

プロトン、20年販売目標は3割増の13.2万台(01/22)

RM1=27.0円、$1=4.07RM(21日)(01/22)

クルジャヤが建設受注、三井不のアパート(01/22)

西鉄現法、航空産業向け品質規格認証を取得(01/22)

エールフランス、マレーシア航空出資に関心(01/22)

航空委がエアアジア処分、決済手数料徴収で(01/22)

中国投資誘致に重点、今年は50億リンギ目標(01/22)

インダストリー4.0の優遇措置で説明会実施(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン