• 印刷する

スズキ、新興5社とモビリティーで協業探る

鮎川社長(右から5人目)と共に表彰を受けるスタートアップ5社(マルチ・スズキ提供)

鮎川社長(右から5人目)と共に表彰を受けるスタートアップ5社(マルチ・スズキ提供)

インドの自動車最大手マルチ・スズキは14日、自動車業界に革新をもたらす新興企業との協業を探る事業「モビリティー&オートモービル・イノベーション・ラボ(MAIL)」の対象となる地場のスタートアップ5社を発表した。うち上位3社は、マルチ・スズキから資金を調達し、実現可能なソリューションを試行するPOC(概念実証)を行う見通しだ。投入金額は非開示。

MAILの対象となった新興企業とその主要領域は、産業用のモノのインターネット(IoT)製品を手掛けるセンスギズ(SenseGiz)、人工知能(AI)のゼイン(Xane)とドケットラン(Docketrun)、自動車向けIoTのアイデンティファイ(Eyedentify)、物流分析ソリューションのエンモービル(Enmovil)。うち上位のセンスギズ、ゼイン、アイデンティファイがPOCの対象となる。

鮎川堅一社長兼最高経営責任者(CEO)は声明で、「われわれの目的はこうしたスタートアップと協業し、ソリューションを拡張すること。優秀なソリューションで顧客の満足度を向上していく」とコメントした。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:教えてもらったイベント…(11/21)

通信大手3社が一斉に値上げ 価格競争のツケ、投資継続困難に(11/21)

英会話レアジョブ、インド同業に出資(11/21)

ダイキン、アフリカ新興企業と提携へ(11/21)

訪日インド人、10月は1%増の1.4万人(11/21)

ANAが羽田―デリー便、来年3月から(11/21)

AD措置を終了、日本とインドの化学品(11/21)

エアインディア、27日にナイロビ直行便就航(11/21)

サムスン、インドでテレビの生産再開へ(11/21)

ハリヤナ州のバイオガス事業、24社が関心(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン